2020年東京パラリンピックに向け、企業が障害者アスリートや競技団体を支援する動きが強まっている。社会貢献の姿勢が伝わりやすく、社員の一体感も培えることから雇用や大会協賛に名乗りを上げる。一方、日本...[記事全文]