女子100メートル(T47)決勝。いつもならスタート直後に起き上がってしまう辻の上体は沈んでいた。低い姿勢から一気に加速。中間疾走の力みもなく走りきった。理想の組み立てでマークした12秒86は自らの...[記事全文]