結果にこだわり、「三度目の正直」を目指して乗り込んだリオデジャネイロを、福島はわずか1レースで去ることになった。  最大の長所であるスタートはしっかり決まった。反応速度はこの組1番。直線に入るあたり...[記事全文]