快進撃を続けてきた日本のメダルを目指す挑戦が終わった。準決勝のフィジー戦、3位決定戦の南アフリカ戦と、立て続けにトップクラスの身体能力を見せつけられた。主将の桑水流は「フィジカルに大きな差がある。目...[記事全文]