自己ベストと比べれば走り幅跳びで約1メートル、やり投げは約15メートル劣る記録に終わった右代。「記録より試合勘を取り戻すことが第一だった。あとは上げていくだけ」と、結果にはこだわりを見せなかった。 ...[記事全文]