女子400メートル障害の第一人者、久保倉が3度目の五輪を視界に捉えた。今季国内2戦目でリオデジャネイロ五輪の参加標準記録(56秒20)を突破。34歳のベテランが高い修正能力を証明してみせた。  1...[記事全文]