高瀬(道文教大明清高出)がピッチに立ったのは、後半も残りわずかとなった終盤。パワープレーの受け手としての役割を託されたが、活躍するにはあまりにも時間が短かった。  1、2戦ともにベンチをあたため、敗...[記事全文]