試合開始を前に悲願の五輪金メダルへの道が閉ざされた日本。それでも、今大会初先発した高瀬はピッチを走り抜け、ベンチから見守った熊谷は勝利のために声をからした。道産子2人は悔しさをかみしめてベトナム戦を...[記事全文]