大谷が苦しい試合を一振りでひっくり返した。自身7試合ぶりの一発は、首位に2ゲーム差と迫る、価値ある決勝弾となった。  1点を先制された直後の六回1死三塁、3ボール1ストライクと打者有利の状況に持ち込...[記事全文]