榎下が危機を断ち切った。同点の四回。先発・吉川が波に乗れず一死一、三塁とピンチを招いたところで栗山監督は早めの継投を選択。その期待に応えた。  まずは荻野を106キロのカーブで三ゴロに打ち取り、...[記事全文]