1点リードの八回裏、一発のある右の大砲が並ぶ西武のクリーンアップに対し、マウンドに上がったのは左腕の宮西。セオリーなら右投手をぶつけるところだが、栗山監督は信頼の置ける宮西を迷わず投入した。  ...[記事全文]