調子が悪くても試合をつくるのが先発投手。この日の有原は、制球に苦しみながら粘りの投球で七回を投げきり、役目を果たした。  投球の軸になるカットボールの制球がままならず、組み立てに苦しんだ。一、二、三...[記事全文]