中田は5月15日の西武戦以来、出場43試合ぶりとなる猛打賞。不振が続く4番が得意の帯広で復調の兆しを見せた。  第3打席の同点打が大きかった。逆転された直後の五回2死一、三塁、「(相手投手の)球が動...[記事全文]