岡が札幌ドームで初めて描いた放物線が、劇場の幕開けだった。「9番・右翼」で先発出場した岡が、今季1号2ランで反撃ののろしを上げた。  終盤七回、5点差を追う厳しい展開。一死から大野が粘り、四球を...[記事全文]