序盤に打線がつながった。前日まで防御率1位の石川の立ち上がりを攻め立てて有原を援護した。  初回、先頭の西川が直球を左前へ。中島が投犠打、陽岱鋼が左前打とつなぐと、中田は体勢を崩されながらも中堅へ深...[記事全文]