同点の七回。陽岱鋼が敬遠されて1死満塁となった。打席は西川。相手投手の塩見には前の打席まで9打数1安打と相性は悪かったが、迷いはなかった。  敬遠後の初球に手を出すことは勇気がいる。投手がストライク...[記事全文]