今季初先発の斎藤は、五回途中で降板、勝ち星は付かなかったが、試合をつくる役割を果たした。  プロ初スタメンマスクをかぶった早大の後輩・大嶋とのコンビで、序盤は直球主体で攻め、三回まで無失点。2―0の...[記事全文]