腰の張りでベンチに座った主砲中田に代わり4番を任された陽岱鋼が、その穴を埋めた。ここ3試合で6安打9打点と絶好調の背番号1を中心に打線がつながり、コツコツと得点を重ねた。  陽岱鋼が4番に入るのは昨...[記事全文]