吉川は毎回走者を出しながらも粘りきり、5月11日以来、6試合ぶりの白星となった。  三回1死一、三塁で4番メヒアを内角高めの直球で空振り三振に仕留めるなど球に力があり、その分緩いカーブも効いた。...[記事全文]