日本ハムは攻守がかみ合い昨年4月以来の6連勝。一回に陽岱鋼の左前適時打で1点を先制し、三回は大谷の右前打を足掛かりに1点、四回には西川の犠飛で1点と小刻みに得点した。先発吉川は六回途中まで6安打無失...[記事全文]