3番の陽岱鋼がソロを含む3安打2打点。12安打8得点と爆発した打線をけん引した。  一回は無死二塁から岸の変化球をはじき返し、中前への適時打。続く三回の第2打席は「(岸は)球が速いので大振りしないこ...[記事全文]