日本ハムが競り勝ち連敗を2で止めた。先発大谷は8回を無失点、12奪三振の力投で6勝目。六回、レアードの適時二塁打で先制し、八、九回も押し出しなどで追加点を奪った。九回に救援の増井が2点を失ったが逃げ...[記事全文]