先制の適時二塁打を放ったレアードは「打ったのはインコースのシュート。ボールがよく見えていた。狙い球を絞って打席に立った」。  六回2死、四球の大谷を一塁に置いた場面だった。140キロの初球を鋭く振り...[記事全文]