六回、均衡が破れ、栗山監督はたまらず救援を送り込んだ。この回2失点。二塁に走者を残したまま、吉川がぶぜんとした表情でマウンドを降りていく。被安打はわずかに4本だが計3失点。「要所を抑えられなかった」...[記事全文]