充実の投球だったが、白星だけが遠かった。先発・メンドーサが、中日打線を牛耳った。七回を投げきり、3安打1失点に封じた。「低めも大事だけど、初球にストライクが取れた。早い段階で直球を投げたことで、チェ...[記事全文]