メンドーサは敗れたものの好投が光った。「テンポ良く投げることを意識した。最少失点で切り抜けられたので良かった」  140キロ台半ばの速球に変化球を織り交ぜ、三回まで走者を許さなかった。四回に1点を失...[記事全文]