打線は序盤からの一発攻勢で大谷を援護した。  一回、先頭の陽岱鋼が、球持ちがよい変則左腕岩崎の投球に苦しみながら8球粘り、9球目の直球をとらえて先制の中越え6号ソロ。岩崎の出はなをくじいた。三回は西...[記事全文]