1点を追う六回、西川の粘りの走りがチームに流れを呼んだ。1死から四球で出塁すると、二盗と相手の失策で三塁へ。杉谷の投前へのセーフティースクイズで生還を試みたものの、三本間に挟まれた。  しかし、何度...[記事全文]