反撃が遅すぎた―。2点ビハインドの九回。二死一、二塁で大谷が打席に入った。一発が出れば逆転サヨナラという場面だったが、最後は広島の守護神・中崎の前に三振に倒れた。  この日は1四球を選んだものの...[記事全文]