連日接戦を繰り広げた広島との3連戦。1勝1敗のタイで迎えた9日の最終戦も1点を争う好ゲームだっただけに、攻守のミスが重かった。  初回の攻撃でリズムに乗るきっかけを失った。先頭の陽岱鋼が中前打で出塁...[記事全文]