前夜に続いて終盤に見せ場がやってきた。1点を追う八回、右肘手術明けで昨年3月28日以来の登板となった巨人・西村を攻め立て、無死満塁の大チャンス。しかし、またも1本が出なかった。  塁が埋まって、まず...[記事全文]