3日の巨人戦、打線は終盤に奮起し1点差まで迫ったが、反撃が遅すぎた。  4試合連続で2桁安打を放っていた打線が、巨人のエース菅野を捉えきれなかった。150キロ前後の速球と鋭い変化球で要所を締められ9...[記事全文]