3日の巨人戦、両リーグトップの防御率0・56の菅野を相手に5点を追う苦しい展開から粘りに粘った。1点差の九回、相手の守護神沢村を2死満塁と攻め立て、谷口が8球目を反対方向にはじき返したが、相手左翼手...[記事全文]