経験豊富な谷元と宮西が絶体絶命のピンチを切り抜け、ヤクルトに流れを渡さなかった。  2点リードの七回、2番手の谷元は四球と安打で無死一、二塁とされたが、中軸を迎えたところで粘りを見せた。3番山田...[記事全文]