プロ5年目の“ソフトボーイ”が待望の初安打を放った。  九回一死。大嶋が代打で登場。カウント1―0から石山の直球を捉えた。打球は右中間を深々破り、記念すべき初安打は、長打が持ち味の大嶋らしい二塁...[記事全文]