打線は初対戦の右腕デイビーズの丁寧な投球に手を焼いた。直球は140キロ前後だが、スライダーやチェンジアップなどでコースを突かれて六回まで無得点。四回と六回の好機でいずれも凡退した中田は「遅い球をうま...[記事全文]