大谷を力強く援護したのは、中田とレアードの両主砲だ。五回までにそれぞれ2本のアーチを放って打線を引っ張った。  まずは中田。一回2死二塁で迎えた第1打席。「感触が良かった」と143キロの直球をとらえ...[記事全文]