大谷を勝たせてあげたい―。中田が、その思いをバットに乗せた。一回一死一、二塁。先制の場面で打席に入った。  「翔平を楽に投げさせてあげたかった」という言葉の通り、カウント2―2から釜田の外角低めに...[記事全文]