延長十回、最後のバッターとなった城所を空振り三振に仕留めても、増井に笑顔はなかった。  九回に1点リードを守れなかった。先頭の今宮に二塁打を浴び、続く中村晃の犠打で1死三塁とされると、本多の犠飛で...[記事全文]