前日と同様、QVCマリンは10メートル以上の強風が吹き荒れた。両軍の先発投手が制球に苦しむ中、日本ハム打線は主軸の不振が響き、バースを援護できなかった。  打線の改善へ手は打った。前日6番の西川を...[記事全文]