楽勝ムードは、西武の猛追で吹っ飛んだ。8―0から2点差まで詰め寄られ、かろうじて逃げ切った。「ずっと九回裏が続いているようだった。勝ったからいいようなものの…」。前日に続く辛勝に、栗山監督の表情は晴...[記事全文]