日ハム打線は、今季2戦2敗と相性が悪い先発・野上をまたも打ちあぐねた。  初回から四回まで毎回得点圏に走者を進めたが、得点は四回、陽の適時打などで挙げた2点のみ。初回2死一、二塁で近藤の痛烈な当た...[記事全文]