エースが波に乗りきれない。大谷はピンチで勝負強さを欠き、自身の2勝目、チームの3連勝を手放した。  味方が2点を先制した直後だった。両リーグトップの13本塁打を放つメヒアに投げた154キロの直球。...[記事全文]