いずれも効果的な一発だった。昨季までの3年間で2勝9敗と苦手としてきたディクソンを、打線が序盤の3発で打ち砕き、好投の有原をきっちり援護した。  口火を切ったのは大谷だ。「真っすぐ系を待っていたが...[記事全文]