13日の西武戦、九回に5番手で登板した宮西が無失点に抑える好投で味方の反撃を呼び込み、今季初白星を挙げた。  1死一塁、秋山の一ゴロで併殺を狙った中田が一塁ベースで足を滑らせて併殺が取れず、2死一...[記事全文]