「あの2球だけ完全に甘いところに入った。失投だった」。日本ハム先発の吉川は2本塁打を悔いた。  立ち上がりは好調だった。140キロ越えの直球を内角にぐいぐい投げ込み、無安打投球を続けた。だが、三回...[記事全文]