先発メンドーサは立ち上がり2点を失ったが、二回から降板した六回までは1安打無失点の力投。直球に変化球を織り交ぜる持ち味の投球が光った。「二回以降はテンポ良く投げることができた。最低限の仕事はできた」...[記事全文]