職人の小技が、大きな追加点を生んだ。五回、西川の適時三塁打で勝ち越しに成功すると、次打者・中島が魅せた。一死三塁。カウント1―1からスクイズを敢行。打球は投手の前に転がり、スタートを切っていた西川は...[記事全文]