流れに乗りきれず、最後までもどかしい試合展開のチームを救ったのは、大谷と中田だった。  まず大谷。1点を先制された直後の一回、無死二、三塁の絶好機で近藤と中田が凡退した。このまま無得点に終われば試合...[記事全文]