陽岱鋼が先制の2点本塁打を含む3安打と存在感を示した。「コンパクトに振ることができた」とうなずいた。  三回1死二塁で迎えた第2打席の初球。「甘いボールが来たら振るのが自分のスタイル」。真ん中に入っ...[記事全文]